· 

コロナは悪か



わたしたち人間は
自分たち側からの非常に狭い視野や
ある一点のみの視点だけで物事を捉えがちだ。

これはよくある事だし、
人間にとって癖みたいなものだから、
仕方ないのだけど。

「そうなりがちな事を知っていて」そうする事と
「なにも知らないで」そうする事とでは
同じ事でも結果や得るものはまったくの雲泥の差となる。


なにをもって「善」とし
なにをもって「悪」とするのか。

既存の価値観やシステムを壊すことは「悪」なのか。
安心や安全を侵すのは「悪」なのか。
肉体を害し死に追いやるものは何であれ「悪」なのか。

果たして本当にそうなのだろうか。

きちんと判断ができる状態だろうか。
盲目にはなっていないだろうか。


反面。
その一方向からは見えない後ろには
なにもないのだろうか。

ポジションを変えれば見える
真理や真実はないだろうか。


いま一度、見つめてみて欲しい。

もう少し落ち着いてからでもいいから。


『コロナは悪か?』と。

 

 

もちろん感染対策や予防のアクション(免疫力を維持する運動や食事も含む)、

感染した場合の準備や心構えは万全に。

日々「自分が無症状の感染者だったら」という意識をしながら。

情報収集も肝心。


・・・とはいえ 受け取りすぎないように。



***


世界はもう、元には戻りません。

あなたがもし、あと何日、あと何ヶ月か耐えればまた元のあの生活に戻れるだなんて考えているのだとしたら、残念ながら。
私が謝ることではないのかもしれないけど、
なんかガッカリさせてごめんなさい。


そもそも止まっている世界はありませんし、
進む速度は都度変化しますが、
元に戻るということは決してありません。

***


これをあなたは絶望と捉えますか?


***

そこで今日のテーマ。Let's 実践

視点を変えて、観察してみてください。



ウィルスは我々人間が存在するずっと昔からこの地球に存在していました。
これまでも共存共生してきた訳です。

今のこの状況も、似たようなことを歴史的に何度も繰り返しながら今に至るわけです。


似たようなことを繰り返してきても、
何も変わらなかったなどということはありましたか?
無駄になったことってありましたか?

無駄にしないために、
尽力した人はいませんでしたか?

あなた自身が、
そういう人になる方向にシフトしてみませんか?

ほら、またひとつ。選択肢が見つかった。


こうやって、ひとつずつ、観察してみる。



一個一個。じっくりと。


***

生き方を見つけよう


どんな世界にしたいのか
どんな自分にしたいのか

「じっくり観察」

いまはそれが出来る時間がある

ウィルスへの恐怖、みえない未来への焦り、
社会的な不安や金銭的不安。
たくさん押し寄せている人が多いだろう。

それを一旦、ひとまず、ひとつずつ、観察。


なにが怖いのか、なにを恐れているのか。
自分を知り、具体的になったら次は
またひとつずつ、対策を考えていこう。

***

(わたしごと)
アトリエとしても新たなサービスを開始。
その名も『星のかけら 定期便』

 

毎月1点
キラキラと美しい星のかけらのような作品を
あなたを想って作ります

毎月ひとつずつ宝物が増えていく
美しいものを見ると、心が癒されます。

是非この機会に。


あなたの忙しい日常が
キラキラと素敵な毎日になりますように
願いを込めて

 

 

RIU

今日もぽちっとお願いします