· 

おはようございます

 

ここ最近「観察」に関する内容の記事が続いていますが。

 

わたくし自身も近頃は自粛で特に「自己観察」をする時間が増え、

また新たな自分とその変化を発見しました。

 

本日はおもいっきり「わたくしゴト」となりますので、

「お前のことなんか興味ねぇよ」って方は黙って閉じてくださいませ。

 

***

 

考えてみると少し前、いや、ほんの数ヶ月前まで

「作品がひとり歩きするような作品を生み出す“ゲージュツカ”になりたい自分」ってのが居た。

 

なんやかんや「お客様のため」とかかこつけて、

今思えばそんなのは単に「なりたい自分」に近づくためのテイのいい綺麗事でしかなく、

結局は自分のことしか考えていない(…訳ではなかったかもしれないけど結局自分が一番の)、

己の醜いエゴでしかなく、下手したら善意の押し売りと言っても過言ではなかったのかもしれない。

 

という事実に、

最近になってようやく気がついた。

というか、ようやく目が覚めた。

 

 

あ、おはようございます。

 

 

というのも、

これまでの自分は大きな作品展に出品した自分を心のどこかで誇りに思っていて、

自分はアーティストとして大きな展示会も出したりしてるんですと言って凄いねと言われ一目置かれ尊敬され羨望の眼差しで見られることを心のどこかで求め、それによって自分の周囲の人間関係のマウントを取ろうとしていたのかもしれない。そうできる実績が欲しかっただけ。

今になって思い返すと、これはなんと醜く愚かなことだったのだろう、と

穴があったら入りたい気持ちになる。

我ながら、反吐が出そうです。ほんと卑しくて弱くてそんな自分に腹が立つ。

 

展示会なんて腐るほどあるし参加費さえ出せばいくらでも誰でも出れる。

上手いこと言われて絶賛されて…ってそれ、営業ヨイショだから。

アート企業だってビジネス。お金の世界。そりゃそうだ。

実際「え、趣味の作品展?」って思っちゃうような展示会もあった(笑)

 

そして自分も、

もちろんそんなエゴ(無意識)を抱えた状態での作品は、

どんな作品展に出品しても自分の作品が霞んで見えるような、

結局その程度の作品しか作れなかった。

(当時の自分なりに毎回納得するまでは作り上げたけど)

 

そりゃそうだ。そもそもが違ったのだ。

 

動機や根本が、ぜんっぜん美しくないのだから。

 

 

なにかアクションを起こす時、

どんなにエゴだって勘違いだって身の程知らずだって、

その「やりたい」「なりたい」は、もちろん動機にはなる。

文字通り動く機会、きっかけだ。

 

そして賞賛や応援は原動力、つまり動く力・エネルギーになりえる。

 

しかしその動機が、本来の軌道から外れていたら。

賞賛や応援だけを求めて動いているとしたら。

結果はどうか。

 

見ている地図が、滅茶苦茶でデタラメだったら。

そもそも目的地が載っていない全然別の場所の地図だったら。

 

いいね欲しさに背伸びしちゃうような感じ

私こんなに頑張ってますアピール

凄いねって言ってほしい構ってちゃん

肩書きやステータスでしか人を見れない人

 

どうだろうね。

そのうちメッキが剥げるんだろうな。

 

ずっと背伸びしてたらいつか足が痺れちゃう。

アピり屋さんはダサいしかっこ悪い。

人を人としてありのままに見れない盲目人間はそのうち独りになる。

 

ただそれだけの話。

 

でも、もちろん、

やらなかったよりはやったほうが経験値になる。

学びになるし、次の挑戦への糧となる。

 

しかし、なににしてもアクションを起こすときというのは、

大義に、目的地として設定する場所に「しっかりと一本の筋が通っているのだろうか」という点をよく見極めた方が良いのかもしれない。

「そもそも大義は、目的地は、そこであっているのか?」ということも含めて。

 

いいねの数やランキングの数字を気にして焦ったりブレたりするのは、勿体ない。

賞などの誉をいただいたりすることも然り。

 

「自分自身が納得できるかどうか」「一段でも階段を登れたかどうか」

それだけを基準とする。良くも悪くも動じない。揺さぶられない。


自分の存在意義を、自分以外の人に見出してもらおうみたいな甘えはもうやめよう。

 

これからは

大義は?どこ目指してるの?といつも自分に問うて生きていく。

 

ポイントは3つ。

・なるべく最短距離でたくさん失敗しておくこと

・目の前の数字に惑わされないこと

・大前提として「やめない・諦めない」「折れない・腐らない」こと

 

そんな風に

ひたすら「“自分(のエゴや欲)”を滅する」方向で今年を修行の年としたい。

 

ピノキオにならぬよう、律してゆく。

 

 

いつもありがとう

***

(わたしごと)

 

自己観察の時間は増えたけれど、

コロナ自粛により運動の時間や機会はめっきり減ってやばいです。

ウエストのくびれが危うくなってきた…

 

人生わりとずっと運動をしてきたから、

こんなに動かないのは産後以来かもしれない。

 

定期的に行なっていたスポーツもコロナでずっと休止中だし体育館も閉鎖。

ジムなんかももちろん営業していないし、

かといって子どもを置いて外ランニングには出られないし…

 

あぁ!

また自分に「できない言い訳」してる!(笑)

 

…これ、悪い癖!

(みんな誰しも、多かれ少なかれ この癖もってるよね?)


視点や捉え方を変えれば、

やりようなどいくらでもあるのに。

家で筋トレすりゃいいじゃんって話です単に。


今自分が置かれた環境で、何を選ぶか、やりたいかやりたくないか、やるべきか必要ないか、どうすれば可能になるか、どうやりくりして工夫をするか、無理なら何を優先し何を切り捨てるか。そこまで考えればわかる。

 

「できない言い訳=やらない理由探してるだけ=ダサい」

 

うん、よし!やるぞ!(燃)

 

一昔前に流行ったビリーズブートキャンプ(懐)とかみたいな、ハードめの家でできるトレーニング指導みたいな(できればスパルタの)感じでなにか良いコンテンツ無いかなぁ?

探してみよ。動きたくていよいよやばい(笑)

 

おすすめあったら教えてください

 

RIU