もしも
世界中の誰のもとにも
心はずむ 美しく愛おしい存在が
日常にあたりまえにある世界になったら
どんなに素晴らしいだろう

 

なぜなら
 
せわしない毎日のなかで
その存在を愛でる時間そのものが
 
ひとりひとりの心も
そしてこの世界全体をも
やさしく うつくしく変容させる
魔法のような尊いものだと
信じるから
 
お役に立てれば幸いです
 
世界が美しいもので溢れますように
 
 

RIU(りう)レジンアーティスト

1985年山形県生まれ 

盲目の巫女で更にシングルマザーであった曾祖母が

必死で血を繋いでくれたおかげで私は今ここに生きている。

感謝してもしきれない。

家庭環境に難あり、途中の記憶があまりない程に死にたかった10代。

無駄死にはカッコ悪いと入った自衛隊での経験から、

死に様より生き様を意識できるようになる。

退職後はもっとたくさんの世界を見たいと

四国お遍路やヒッチハイクの旅、草津温泉の仲居、

ゴルフ場のキャディー、エアコン修理屋、水商売、風俗業、飲食業、販売など、

まったく未経験の世界に実際に飛び込んで見てきた20代前半

(おかげで履歴書は真っ黒。でも後悔はない)

酸いも甘いも広く吸収して

編み出したある自己改革法で最高の伴侶と出逢い結婚。

その結婚と同時期の父の死を機に25歳でアウトプットも兼ねて書籍出版。

「あなたが世界を変える方法」(文芸社)

二児の母となり30歳で「Atelier Rtam」開業

2017年まではイベントへの出店等アクティブに打ち出していたが、

以降はホームページからの既製品販売とオーダーメイド受注製作、

展示会への出品を主に活動。

手掛けた作品はこれまでにアメリカやヨーロッパへと海を渡り、

美しさの価値基準に国も人種も肌の色もないことを実感。

また、死生観に感じ入るところがあり、

"うつくしくあたらしい弔いの形"をコンセプトとして遺骨や遺品をレジン保存する「美葬」を考案。

新時代のポピュラーな弔いとしての広く心地良い認知を願う。

2020年で開業5周年を迎え、

スイス、ドイツで行われる2つの展示会へ参加予定(コロナ禍次第)

また、その名のとおりアルケミーの火種となるいくつかの新たな挑戦を取り入れながら

5年後10年後を見据えて邁進中。

ブログも書きたいことがある時は書いています。

 

***

いずれ

それぞれが得意とする技術や知識の心地よい交換で成り立つ社会が来ることを願って

今できることを